ドラゴンヘッドを読む(4)インド占星術の解釈を読み直す



 始めから読む

前ページ(3)で書いた通り、ジャン・スピラーらアメリカの西洋占星術師によるドラゴンヘッド&テイル解釈は、どうやら時間進行が逆だったようです。
何故、このような誤りが生じたのか?
謎を解くため基本に戻り、インド占星術のヘッド&テイル(ラーフ&ケートゥ)の解釈を読み直してみましょう。

西洋人にとっての罪と恩恵

ドラゴンヘッド&テイルにまつわる神話と、この感受点がどちらも「凶」として解釈されることは冒頭に書きました。
同じ「凶」でもヘッドとテイルで意味合いは少し違い、それぞれ次のように解釈されます。

ドラゴンヘッド(ラーフ): 過去世カルマの報い

ドラゴンテイル(ケートゥ): 過去世カルマの借り


いかにも東洋的、シンボリックで意味が分かりづらい解釈です。
少しは仏教に馴染んでいる日本人ですら理解することが難しいですね。
近代の西洋人が初めてこの解釈に触れたとき、「???」と頭の中を大量のクエスチョンマークが駆け巡ったことは想像に難くありません。

それでおそらく翻訳者は西洋人に分かりやすくするため、
「報い」を「キリスト教的な福音(恵み)」
「借り」を「キリスト教的な罪業(要、贖い)」
と翻訳して伝えたのでしょう。
おそらく、ここが誤りの出発点です。

西洋人にとって、「報い」は必ず未来でなければなりません。何故ならそれは、人間が過去の罪を贖(あがな)った結果として神様が下さるものだからです。
このため西洋人は「テイル=過去の罪」、「ヘッド=未来のご褒美」と解釈したのだと思います。
(意識して宗教に従ったというよりは、幼い頃からの刷り込み教育で無意識的にそう解釈したのだろうと思います。スピラーたち神秘主義者が宗教に縛られているのであれば、異教徒の思想として憎まれる「輪廻転生」など認めるはずがないので)

人間の一般的な心理としても、
「悪いことは過去」
「良いことは未来」
なのだと考えたほうが精神衛生に良いことは確かです。未来に良いことが待っていると考えれば心が前向きになるでしょう。西洋占星術におけるヘッド&テイルの時間進行の誤りは、そのような人間心理の影響もあるかもしれません。

東洋人は「報い」「借り」をどう解釈するか

いっぽう、東洋の仏教圏において「報い」は、良いニュアンスも悪いニュアンスも含むフラットな言葉です。
そもそも「報い」は神様が下すものと考えられていません。
「因果応報」
「情けは人の為ならず」
という熟語や諺が表すように、行い(カルマ)の結果がただ返ってくるだけ。
良い行いをすれば良い結果が返ってくる、悪い行いをすれば悪い結果が返ってくる。
この通り自然法則、物理学的法則と同じような当然の現象として解釈されています。言わば罰もご褒美も、自分自身が下しているようなものです。
※情けは人の為ならず →正しい意味

「借り」も同様で、良いニュアンスも悪いニュアンスも含みます。
「借り」とは「行う義務があるが、まだ行っていないこと」。義務と聞くと反射的に嫌だと思い逃げたくなってしまうかもしれませんが、単に返すべきことを返すだけなので悪いことばかりではありません。

インド占星術における実占の解釈

参考として、インド占星術家が実占でラーフ&ケートゥをどのように解釈するかを見てみます。

一般のインド占星術家は、ラーフ&ケートゥをただ前世を探るために使うわけではありません。(もちろん、輪廻転生に関わることが前提ではありますが)
実占では、ネイタルのラーフ&ケートゥを今世の事象として次のように読みます。

ラーフ(ヘッド): 欲望

現世的な欲望と成功のポイント。ラーフを活かせば現世で成功しやすい。ただし、ラーフの成功は永久的に追い求めてはならない。竜の口はどれだけ食べても内臓がないので満たされることはなく、欲望が止まらなくなり暴走する。ラーフに導かれ生きることは、輪廻転生から解脱できなくなる不幸を意味する。凶。

ケートゥ(テイル): 禁欲

解脱のポイント。輪廻転生から脱するために禁欲的生活をすること等を表す。ケートゥを目指して生きれば欲を絶つことになるため、現世的成功に恵まれることはない。隠遁、病気を表すこともあり、一般的には凶。ただしケートゥは、高い精神性の実現や学問達成の道も示している。

どちらかと言えば、ラーフ(ヘッド)のほうが凶性が強いと感じるのは私だけでしょうか?
「現世で成功すること」を単純に「幸運」と解釈するのは、いかにも西洋っぽいな……と思います。その単純さに呆れつつ、何も悩みがなさそうで少々羨ましくもなります。
ただ西洋人の誤解に従ってヘッド的な成功を求めることは、遠い将来に負債を残すことになるため私はお奨めしません。
もし転生の輪から卒業したいなら、今すぐ西洋占星術的な誤解を改める必要があります。

次ページでは過去世リーディングとしての実占法をご紹介します。

>>(5)へ続く

吉野圭 著 https://astrology.kslabo.work/

ドラゴンヘッドを読む(3) スピラー本で気付いた、ヘッド&テイル時間進行の誤り



 始めから読む

私が西洋占星術におけるドラゴンヘッド&テイルの解釈誤りに気付いたのは、ジャン・スピラー著『前世ソウルリーディング』を読んだためです。




その前から、インターネット上で見かけた『ドラゴンヘッド前世占い』が気にはなっていました。
「どうも正確に反対のことが書かれているらしい……」と感じたので、気に留めていたものです。


宿の「業」を前世と見立てる手法を始めとして、世にある『前世占い』は私の記憶とは全く掠りもしません。自分が持つ前世記憶はもちろん、今の現実も言い当てていないと感じます。
もしかしたら、「前世記憶を持つ人など存在しない」「前世など現実にあるわけがない」という前提で、適当な作り話を書いている占い師が多いのかもしれない。そう疑ってしまうほど当たっていません。
少しだけ当たっているかなと思ったのが、伝統的な月星座による前世占い。それでも漠然としたイメージでなんとなく近い、と感じる程度です。
(そして唯一、的確に前世を表していたのが宿曜占星術の「宿」でした。このことは宿曜占星術のページ他で再三述べてきた通り)

そのように当たらない前世占いばかり流布されている中、『ドラゴンヘッド前世占い』だけは正確に反対の結果だったので、これは調べる価値があると思いました。たとえ間違っているとしても、正確に反対ということは何らか真理に触れている可能性があるからです。
それで、ドラゴンヘッドで前世を読むという手法を流行させたアメリカの西洋占星術師、スピラーの本を読んだわけです。

決定的でした。
スピラーという占星術師が基本のサイン(星座)解釈に忠実なプロフェッショナルであるために、どの文章がどのサインを指しているのか明確に読み取ることができ、おかげで西洋占星術の誤りの筋道を知ることができました。

スピラーもそうですが、このジャンルにおける西洋占星術師たちは、
「ドラゴンテイルのあるサイン=過去世」
「ドラゴンヘッドのあるサイン=今世~来世」
と考えていたわけです。

既にお伝えしている通り、この時間進行は逆です。

以下に実例として、遠慮なく使える素材である筆者を取り上げて詳しく解説します。
(プライベートブログに書いてきた話がベースとなっています)



筆者の例

筆者ネイタルホロスコープでの各感受点位置

ドラゴンヘッド: 山羊座
ドラゴンテイル: 蟹座

この場合、スピラー本で解釈すると次の通りになります。

スピラー解釈(要約):
あなたはこれまでの前世で温かい家庭や組織に恵まれてきました。現世でも家庭人でしょう。長い間、家庭などの集団という大きな傘のもとで暮らしてきたため、依存心が非常に強い人です。拒絶されることを極端に恐れていて、自分自身も他人を拒絶することが出来ません。曖昧な返事をして流されてしまいがちです。

また非常に感情が強い人です。冷静な思考力を持つことは最も苦手で、感情に押し流されることが多いはずです。恐怖や不安に襲われるとパニックを起こします。

このような弱点を乗り越えると、実は12星座中で最もリーダーに向く資質を持っています。繊細な感情で部下の気持ちを理解しますから、組織をうまく統率することが出来る理想的なトップとなります。


筆者を知っている人はきっと「あり得ない」と笑うと思います。
もしかしたら、怒りだす人もいるかもしれません。「お前なんか、家庭人という言葉を浴びる資格すらない!」と言って。

スピラー解釈と反対に、私は長い転生の間、一度たりとも温かい家庭で育ったことがありませんでした。自分で家庭を持ち、「家庭人」として生きたこともありません。一つ前の過去世は特にひどかったと思います。私としてはめずらしく結婚し家庭を持ちましたが、「家庭人」とはとうてい言えなかったはずです。

記憶している前世: 私は前世では一切家庭をかえりみることなく、仕事に生きて死にました。子供と会ったのも、記憶にあるのはたったの二回きり。妻にも子供にも申し訳なく思っています。
当時、私はある組織のリーダー格(二番手)であり、確かに主君との絆には恵まれました。しかし組織への依存心はなかったと思います。むしろ少しも依存しなかったこと、「孤高」を気取り援助を求めず、独りきりの世界に閉じ籠もったことが失敗のもとでした。
感情をコントロールすることには長けていたので、「冷静な思考の持ち主」と称されていましたが、ロボットのような冷たい人間だと思われてしまったようです。温かい血が流れていない、と言われることが今は最も辛いです。
実は当時キャパシティオーバーでパニックに陥ってもいたのですが、それすら周囲には伝わらなかった。もう少し感情を顔に出し、パニックに陥っていることも伝えていれば良かったのだと思います。
このような反省から、今世以降では感情表現して生きることが目標です。


この通り、今世以降の目標までスピラーの解釈と正確に反対となっています。
スピラーは蟹座が過去、山羊座が未来だと思って、山羊座へ向かうようアドバイスしているものです。

私がスピラーのアドバイスを鵜呑みにしてしまったらどうなるでしょうか?
前世の繰り返し。元の木阿弥。同じ轍を踏むことになります。

時間進行を逆に解釈することは、実は大変な誤りです。

確かにヘッドを目指せば地上で成功しやすいのです。何故ならそれこそが慣れた生き方であり、修練の末に得た果実があるから。
しかし都合の良い成功ばかり求めていては駄目です。
インド占星術の解釈に照らし合わせれば、この誤りによる弊害がよく分かるはずです。後述します。

他の方の例


筆者一人の例だと信じない人が多いらしい。そこで他の方の例も少しご紹介します。

個人情報に関わるため詳しくはご紹介できないのですが、前世記憶を持ち、その記憶が確実に裏付けられていると認められる方についても同様でした。


〔Aさん〕

ドラゴンヘッド: 山羊座

ドラゴンテイル: 蟹座

Aさんは前世で強力なリーダーとして生きました。「依存心がある」どころか全くその正反対にリーダーらしい人格で、反骨精神で戦いに挑み、敵に捕縛され亡くなられています。今世でもお若いのに気品と風格ある印象の方です。今後は平和な日常と、家庭の温かみも味わいながら人生を送っていただきたいと願います。


〔Bさん〕

(ご本人の希望でカットしました)


かろうじて書けるかなという範囲のみご紹介しました。
個人が特定されないようにぼかしながら書いていますが、削除ご希望の場合はご連絡ください。


次ページでは、インド占星術の解釈が意味することについて読み解いてみます。

>>(4)へ続く

吉野圭 著 https://astrology.kslabo.work/

※この記事では占星術師の敬称略



ドラゴンヘッドを読む(2) 西洋占星術のテイルとヘッドの時間進行は、「逆」である




始めから読む

インド占星術の解釈についてもいずれご紹介しようと思っていますが、先に核心から述べることとします。

西洋占星術におけるドラゴンヘッドとテイルの解釈は、前記事に書いた通り、このように言われています。
「ドラゴンテイルは悪い前世の因縁。凶」
「ドラゴンヘッドは目指すべき未来。吉」
※単純化しています

ここで天地を逆さまにするような推測を申し上げます。
――西洋占星術師の先生方。その解釈、おそらく逆です。

つまり、
ヘッドが過去(今に対応する過去カルマ) 
であり
テイルが未来(今後補うべき運命の欠け) 
です。

これはインド占星術の受け売りで述べているわけではありません。
インド占星術はひとまず脇に置いて、あくまでも実体験として前世記憶を持つ筆者、そして同じく前世記憶を持つ他の方々の出生ホロスコープを根拠として述べています。

前世記憶を持つ人は非常に希少なので調査対象の数も少ないのですが、筆者のもとにあるデータに限れば全て(つまり100%)、ドラゴンヘッドが過去世を表していました。
占いで100%の数字はなかなか出ないので、これはほぼ確実と言えるのではないかと思います。

もちろん、筆者のもとに集まるデータに偏りがない、とは言えません。
何故ならある運命を持つ人には、似たような運命を持つ人が引き寄せられ集まる傾向にあるからです。このためもしかしたら私のもとには特殊な人々ばかり集まっている可能性もなきにしもあらずです。
このため断言はできないのですが、インド占星術での解釈や、インドに伝わる神話を読み込んでもやはり私のデータが示す結果のほうが理屈が通る気がします。

そもそも「頭(口)」を始まりとし、「尾」を終わりと考えるほうが言葉としても自然です。
神話には真理や事実を示唆するための暗喩(暗号)が織り込まれているもの。
「たかが神話。作り話」と考え、言葉や数字をおろそかにすべきではないでしょう。
言葉が持つ単純なイメージが真理を示すことは往々にしてあります。
次ページでは実例を示します。

>>(3)へ続く

吉野圭 著 https://astrology.kslabo.work/

ドラゴンヘッドを読む(1) インドの神話をひもとく



近年「前世占い」と言えば『ドラゴンヘッド前世占い』が思い浮かぶほど、ドラゴンヘッド&テイルは西洋占星術でポピュラーな感受点となってきました。
しかし、ご存知の通り、ドラゴンヘッド&テイルを読む手法は現代の西洋占星術には伝わっていません。今ではインド占星術のみに伝わる手法です。
※実は西洋にも古代は輪廻転生思想がありました。後述

西洋占星術とインド占星術は源流は同じでも、宗教的な背景が大きく異なります。このため、西洋の人々がドラゴンヘッド&テイルを解釈する際に少し誤りが生じているようです。
ドラゴンヘッド&テイルの実践解釈の前に、このページでは「ドラゴンヘッド&テイルとは何か?」という基本と、西洋の人々の誤解について書きたいと思います。


ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルとは何か

まず基本から。
「ドラゴンヘッド」・「ドラゴンテイル」は惑星ではなく、地球から見た太陽の軌道月の軌道交点です。
アセンダントなどと同じように、惑星に準じる扱いの「感受点」になります。

〔参考図〕by Wikipedia


この図では下の点(昇交点)が「ドラゴンヘッド」、上の点(降交点)が「ドラゴンテイル」です。後でご紹介するように、月の交点が竜の頭と尾に喩えられる伝説がもとになった呼び名です。
インド占星術ではそれぞれ、「ラーフ」と「ケートゥ」と呼びます。中国語では「羅睺」「計都」と書きますが、これは古代インド語の音をそのまま漢字で表記したもの。中国占星術に馴染みのある人でない限り分かりづらいし、発音しづらいので、日本で漢字表記する時は意訳にて「竜頭」「竜尾」と書くほうが一般的です。

英語圏では、ドラゴンヘッドを「ノースノード」、ドラゴンテイルを「サウスノード」と呼びます。英語から翻訳された占星術のテキストもこう訳していることが多いと思います。
(例外として、ジャン・スピラーの著書の日本語訳では「ドラゴンヘッド」「ドラゴンテイル」と表記されています)
「ノード(node)」は単に「交点」という意味です。実は月の交点以外にも「ノード」はあります。しかし占星術で月の交点以外が使われることはあまりないので、「ノード」と表記されていればそれは月の交点を意味することになります。

二つに分かれたドラゴン。悲劇としての輪廻

月の交点に「ドラゴン」の名が与えられているのは、インドに伝わるこのような神話が由来です。

昔、むかし。
天界へ忍び込んだ悪い竜が、神々だけが口にできる神秘の飲物“ソーマ”を盗み飲んでしまった。
その様子を見ていた太陽神と月神は、最高神ヴィシュヌ(ブラフマン)に竜の退治を頼んだ。
しかし“ソーマ”を飲むと不死になるため死ぬことがない。
ヴィシュヌ神は竜を二つに切り裂いたが、死ねない竜は頭と尾に分かれて生まれ変わった。
輪廻の輪を廻ることになった竜は太陽と月に怨みを持ち、この二つの星を飲み込んでしまおうと今でも追いかけているのだ。

この神話から分かるのは、ドラゴンヘッドとテイルが悲しみの輪を廻る不運を持つということです。だからインドではどちらも「凶星」と解釈されます。
西洋の人には分かりづらいようですが、東洋において輪廻転生はあくまでも「悲しみ」であり「不幸なこと」なのです。生まれ変わりという永遠の輪を抜けること(解脱)が至福であり、全ての魂の目標とされます。


欧米の占星術家たちの勘違い

冒頭に書いた通り、古代においては西洋でも輪廻転生思想が信じられていました。
と言うよりもむしろ、上の神話は西洋が起源ではないかと考えられます。何故なら輪廻転生を「悲しみ」と説くのは、かつて地中海沿岸で信仰された神秘主義と似ているからです。また、永遠の命を与える“ソーマ”という飲物は、古代ペルシャの宗教で使う飲料と同じ物だとされます。
当然、ドラゴンヘッド&テイルという感受点も古代においては西洋占星術で用いられていたと考えられます。

しかし西洋では約二千年前に誕生した一神教によって、輪廻転生思想は信じることも知識として持つことも禁じられました。
そのため二千年近く輪廻転生思想に関する知識を失っていた西洋人たちは、輪廻が「悲しみ」であることさえ忘れてしまったようです。

インド占星術では、ドラゴンヘッドを「過去世カルマの報い」、テイルは「過去世カルマの借り」と説きます。
この通り言葉にすると、まるでヘッドが吉でテイルが凶であるかのように感じられます。
近代、輪廻の知識を失った西洋人たちが初めてインド占星術に触れたときも、単純にそう理解したのでしょう。
また「罪業」と訳されたテイルは、キリスト教における「罪」と同じだと思ったのではないでしょうか。
それで「テイルは懺悔して贖わなければならない罪。悪いことをした前世」と解釈し、「今の人生でテイルの罪を悔い、幸福を受け取る場所であるヘッドを目指さなければならない」と解釈したのだと想像します。
明らかに西洋人たちの勘違いです。
しかし、この勘違いが今は一人歩きし、
「ドラゴンテイルは悪い前世の因縁。凶」
「ドラゴンヘッドは目指すべき未来。吉」
と解されています。

日本でも、「ドラゴンテイルは離れるべきカルマ。このカルマから解き放たれたなら幸せになれます。テイルを捨て、ヘッドを目指しましょう」と説く占星術師の先生方が増えてきました。
この勘違いは占星術の誤った知識を撒き散らしているだけではなく、実際の過去世を読むときも、今世の方向性を考えるときにも誤りをもたらすのではないかと思います。

>>(2)へ続きます。