投稿

12月, 2017の投稿を表示しています

ドラゴンヘッドを読む(6)実占補足 月とドラゴンヘッド、読み方の違い

始めから読む

ここまで長々とドラゴンヘッド&テイルについて考えてきました。
鑑定データをベースとして、「現代西洋占星術での読み方はどうやら間違っているらしい」というお話をしてきたのですが、読み方はともかくドラゴンヘッド&テイルが過去世に関わる感受点であることは確かなようです。

では古来、「前世を表す」感受点だと言われており、当サイトでも以前から「前世である」と主張してきた月は何であるのか。
“ドラゴンヘッドと月、どちらが私の前世? いったい、どちらを見ればいいの?”
そう疑問に思われた方は多いと思います。
疑問を解くためこのページでは月を見る場合と、ドラゴンヘッドを見る場合の読み方の違いについてご説明していきます。


前世と過去世は、イコールとは限らない まず知っていただきたいのは、「前世」と「過去世」は完全に同じ意味の言葉ではないということです。
魂はたった一回きり転生するわけではありません。どなたの魂も膨大な数の転生を繰り返しています。
その数ある転生のなかで、一つ前の転生だけを「前世」と呼びます
前世を含む全ての転生の総称が、「過去世」です。
(この用語の使い方はあくまでも当サイト上の定義なのですが、一般的にもこう表現すれば分かりやすいはずです)

そのため人によって、転生記憶は一つ前の「前世」であったり、何回前か分からない遥か昔の「過去世」であったりします。
この点、必ず頭に入れておいてください。
「前世」と「過去世」の概念をごちゃごちゃに考えると混乱してしまい、ホロスコープのリーディングも正しく行うことができないでしょう。

※時間について: 魂の世界に時間はないので、この地上世界の時系列で「過去」「未来」が決まるとは限りません。地上における未来の人生が「過去世」である場合もあると思います。または、「過去世」と「今世」が同時に生まれ、同時代を生きていることもあり得ます。ただその魂の辿ってきた道筋として、カルマのきっかけに近いほうの転生を「過去世」、結果に近いほうの転生を「今世」または「来世」と呼ぶことができます。


月は一つ前の過去世である 魂の辿ってきた道筋のなかで、今世に最も近い「前」の転生が「前世」。
この前世で送った人生が、どうやら出生ホロスコープ上の月という感受点に表現されているようです。
⇒月(≒宿)で前世を占うページはこちら

当サイトで
「月が一つ前の…

ドラゴンヘッドを読む(5)実占編 ヘッドは「納品書」、テイルは「請求書」

始めから読む

では、いよいよ実占です。
前ページまでの推測と体験に基づき、過去世リーディング+今世の生き方指南としてのドラゴンヘッド&テイルの読み方をご紹介していきたいと思います。
なおこのページでは便宜上、断定形で書きますのでご了承ください。

ドラゴンヘッドは「納品書」、テイルは「請求書」と読む夢のない喩えで申し訳ないですが、現代感覚で分かりやすくするためにこう表現してみることにしました。

想像してください。
あなたは通信販売で、カード払いにて何かを購入しました。
しばらくしてあなたの元へ届けられるのは品物の入ったボックスです。
このボックスの中に入っているのは当然ながら、
・注文した品物
・品物の名称、料金、個数などが書かれた用紙「納品書」
(カード払いしたため領収書は銀行の明細に代えます、と書かれているか、納品書と兼)
になります。

さて、翌月以降の支払い月になるとカード会社から「請求書」が送られてきます。
このタイムラグが嫌なものです。忘れた頃に請求書が届くので、どきっとする人もいるはず。
カードで細かな日用品を購入する方は、その月に何を購入したか、うろ覚えだと思います。実際に買った品物の料金や購入した店などは、請求書に該当する月の納品書(または明細書)を見て確認するはずです。

――これを人生に当てはめますと、

納品書が ドラゴンヘッド
です。あなたが過去に発注して受け取った品物。そして

請求書が ドラゴンテイル
です。あなたが過去に購入したものの支払い料金と支払法(振込先等)が書かれています。

一気に夢がなくなりますね?(笑)
ごめんなさい。でも、これが正しい解釈だし、輪廻転生の現実です。
輪廻転生は上の日常的な生活行動を拡大したようなもので、何も神秘的なファンタジーなどはありません。現代人は魂を否定しているために、輪廻転生が空想世界のきらびやかなファンタジーに思えるだけです。(他記事で書きますが、強く魂を否定している人のほうがファンタジーにとり憑かれやすく、危険なのです)
私がいつも「生まれ変わりは甘いファンタジーなどではない。夢から醒めてください」と言うのはこういう意味です。

インド占星術との照らし合わせ前ページまでで説明した通り、インド占星術ではラーフ(ドラゴンヘッド)を「恵み」と解釈します。
これはヘッドに、たとえば「買い物をした」という行動が刻まれているこ…

ランキング

お読みいただきありがとうございます。当サイトを気に入っていただけたら→クリックお願い致します。

Translate