ウクライナ大統領ゼレンスキーのネイタルホロスコープを考察する

2022年5月19日木曜日

人物鑑定 占星術コラム

2022年ロシア侵攻へ抵抗する“正義のヒーロー”(?)として脚光を浴びた、ウクライナ大統領ゼレンスキー。

遅ればせながら彼のネイタルホロスコープを見てみたいと思います。


この記事はメールをいただいて返信として書くもので、引用多めとなります。

※著名人について敬称略


ウクライナ現大統領ゼレンスキーについて

まず、筆者のウクライナ現大統領に対する印象について書いておきます。


メディアで「ロシア侵攻に抵抗し、民衆のために闘っている正義のヒーロー」として世界中から称賛を浴びているゼレンスキー。

しかし果たして、その報道は正しいものか。私は疑いを持って見ています。


あまりにも短期間で単純にヒーローになり過ぎ。チープな脚本があるように思えてならない。

東欧の近現代史について詳しく知らず、2014年頃から既にウクライナが内戦状態で多くの一般市民が亡くなっているという悲惨な状況も知らなかったにも関わらず、今年初めゼレンスキーが脚光を浴びた当初から違和感を覚えていました。


その後、少し調べただけでも黒い噂が出てくる出てくる。

東欧は別館テーマから離れますので少ししか書いていませんが、様々な証言から実像を知ることになりました。


【別館でメモした話】

ウクライナ・ゼレンスキーはお人形


「ロシア人が****に虐殺されている」はデマ? 正反対テンプレの解



この通りほんの少し調べただけでも、“国民のしもべ”どころか完全に正反対の人物であると分かります。


ゼレンスキーの“公式”ネイタルチャート

以上の話を前提としまして。

筆者の別館も読んでくださっている方からのメールを引用させていただきます。A様、ありがとうございます。


引用:

あの「操り人形」こと、ウクライナのゼレンスキー氏のホロスコープについて、気になったので調べてみたのでした。 以下が参考にしたホロです(Astro.com)。 https://www.astro.com/astro-databank/Zelenskyy,_Volodymyr 



 私の第一印象としては、特に「魔王」になるような、不吉なものは感じませんでした。 

困難アスペクトが若干多いように思いますが、安易もそれなりで、特殊アスはなく、土星や冥王星が強いという訳でもない。 

太陽が強い位置にあり、ASC(双子座……!?と思いましたが)との相性が良いので、個性そのままで立身出世できそうな雰囲気だと思いました。 ただ、ネイタルで強い割に、彼から「風星座らしさ」を感じることはあまりありません。この点が不可解です。  


>「魔王」になるような、不吉なものは感じませんでした


はい。確かにこのホロスコープから「魔王」の印象は浮かびませんね。

そもそも私は本人を眺めていても「魔王」と呼べるほどの人物ではないと感じますが。彼は人形に過ぎないでしょう。


ゼレンスキーは凡庸な“小悪党”の印象

ウクライナ侵攻のニュースでゼレンスキーがよくテレビに映るようになった頃、何気なくパッと観たテレビ画面で彼の動画を目にして、「指名手配されている欧州テロリスト?」と思いました。それはまだ彼について何も調べていなかった時のことです。無意識で眺めたときの印象は案外正しいものだと後で知りました。


付け加えると……例の動画ポリス、「目を見ればその人の本性が見抜ける」特殊能力を持つ私の上司も、ゼレンスキーは小物だと言っていました。欧州ならどこでもいる小物の悪党。凡庸な雰囲気。

ホロスコープ、現実ともに魔王感が強いのは圧倒でバイデンのほうですね。


ただ、小悪党だからといってこの不吉さのないホロスコープが正しいということもないと思います。


総合的にこのチャートはゼレンスキーらしくない

アセンダント双子座も違う印象ですが。(後述します)

チャートの惑星配置を総合的に眺めても、これは彼のネイタルではない印象です。

細かく言えばきりが無いのですが、一点だけ決定的な違いを指摘するなら2室・財産形成能力の弱さです。

ゼレンスキーは大富豪として外国にも豪邸を持ち、贅沢三昧をしていると聞きましたが……プラシーダスで2室がこのようにお寒い状態では、ずば抜けた富豪となるのは難しいでしょう。遺産を受けたのか?と考えましたが、8室の弱いこのネイタルではたかが知れています。



また公表されているAstro-Databankの図だとアスペクトが省略されていますが、オーブを広げてASC等アングルのアスペクトも表示にすると、グランドトラインにカイトなど特殊なアスペクトが目立つ“豪勢な”ホロスコープになります。

単に幸運なだけではなくTスクエアなどのエッジも効ている。

これだと「特別な才能ある人」とも読めるチャートになりますね。あり得なくはないのですが、凡庸な本人の印象とは離れます。

ちょっと穿った見方ながら、これはもしかしたらゼレンスキーの才能を「盛る」ために時間を変えられたチャートなのかもしれないと思いました。または何らかの理由で公表の出生地が書き変えられたのかもしれません。


ゼレンスキーのアセンダントサインを推測する

メール文の後半から先に引用させていただきます。
ゼレンスキー氏のプライベートな顔は分からないので、ASCやMCが正しいのかは怪しいですが、10惑星のサビアンは「いかにも」と感じたので、少なくとも生年月日は正しいと思います。 子どものころは快活・おしゃべり好きで、現在は「冷徹」と言われている(残酷なのは事実でしょうが)ようですが、どうにも未熟な私には彼のASCは判断出来ないです。双子もなくはないな、程度の感覚です。 吉野様は彼のASCについて、いかが思われますか? そもそも、誕生日の改ざんもあり得そうでしょうか?  

そうですね、A様が仰る通り月を除く惑星度数にはゼレンスキーらしさがあります。生年月日については正しいと思って良さそうです。

ウクライナに関する報道はほとんど虚構ですから、ゼレンスキーの出生日情報が正確ではなくても当然と思ったのですが、生年月日を改ざんする必要はないと考えられたようです。
または、すでに改ざんできない出生情報が出回っていた後だったか。

上に書いた通り、出生時間または出生地は変えられた可能性があります。



では正確なホロスコープを知るためのスタートである、アセンダントサインは何か?

…ほとんどゼレンスキーに関する正しい情報が出ていないなか、推測するのは大変難しいのですが、双子座ではないでしょうと思います。怜悧さや淡泊さが感じられません。特に淡泊では絶対ないですね、肉体的な欲求が強そうです。世界中の議会で行った演説からも理知は全く感じられませんでした。

太陽が水瓶座である影響がほとんど感じられないくらい、風のイメージがありません。

私は何となく「水」の臭いを感じます。

それも少し濁った、腐りかけた「水」ですかね。星座はそれぞれ良く出た場合、悪く出た場合で違いますが、ゼレンスキーの水はその悪いほうだと思います。(水星座が良く出た場合はとてもウェットで優しい人になります)


さらに絞り込みを行うと、彼の生き方から共同体への帰属意識の強い人であることは明らかです。その“共同体”が民族なのか思想宗教なのか、はたまた血族なのかは分かりませんが、共同体に従って生きている人ですね。

ということは、ASC蟹座ではないかな? と当たりを付けてみました。

(蟹座は共同体への帰属意識が強いサインです)


パッと見の第一印象でも、ゼレンスキーは蟹座っぽい気がしませんか? 単純に、容姿からの連想ですが。

このため12室の大半を蟹座が占めている人なのではないかと推測できます。ASCは蟹座後半か、あるいは獅子座前半ではないかと思います。


「幼少期は快活で饒舌だった」という話から、ASC獅子座である可能性もありますが……ゼレンスキーに獅子座らしい突き抜けた明るさや無邪気さは感じられませんので違うかな。不動宮らしい一貫性も感じられないし。

「演技者」という観点からは獅子座も考えられなくはないですが、獅子座の「演技」は自己表現としての演出であって、芸術創作になります。つまり自分でも演じてしまう作家や舞台演出家タイプで、他人のシナリオで動くだけの「俳優」「人形」タイプではありません。


しっくり来るゼレンスキーのホロスコープ(仮)


蟹座後半~獅子座前半で、私がゼレンスキーのネイタルとして一番しっくり来たのはこの辺りの時間でした。

ASC度数は精査していません。


この場合、まず1室・獅子座0度の火星が強まり、本人的にはアイデンティティのように感じられるでしょうね。月も土星も獅子座でプライベートな室に入る。獅子座のイメージが強いのはそのせいでしょう。

2室に月と土星が入ります。土星が入る場合、金を稼ぐためにはプレッシャーがある(おそらく彼の場合は命懸け)でしょうが、月も2室に入っていますので相当の財を持つことが約束されています。それは「母方の血統(または母自身)のおかげ」かもしれません。

注目したいのは4室の冥王星と龍頭ですね。仮にASC蟹座で、さらに「ルーツ・血統・国家」を意味する4室がこれだけ大きな力を持つとすれば、共同体のために生まれてきたと言っても過言ではありません。

7室に太陽・金星が入るということは、相当に強いお友達がいることを表します。良かれ悪しかれ、そのパートナーとは「ニコイチ」の存在。一蓮托生となります。

5室に天王星、海王星が入るのですから独自の感性での創作も得意だったかもしれません。ただ共同体への意識が強いため、自分より共同体のために才能を使うことになったでしょう。

12室の木星は、見えない世界=バックグラウンドからの支援が非常に大きいことを意味します。たとえば同じく12室に木星を持つ私の場合、「見えない世界」とは文字通りに死者たちの集団であるらしい(だから現世で力を持つわけではない)。しかし、もし現世においてたとえば秘密結社などからの支援を受けていた場合、かなりの位置に引き上げられるのでしょう。――この木星の位置は、現在のゼレンスキーの状況とピッタリ符合するのでは? ちょうど木星の年齢域(45才前後~55才前後)にも重なりますし。木星のサビアンシンボルは「破産宣告された男」で不吉なのですが、実はこれはグレート・リセットしたがっている無神論の集団にとっては最適なシンボルです。


…と、こんな感じで推測してみましたがいかがでしょうか? あくまでも「仮」です。



他、惑星のサビアンなど

惑星度数は月を除き出生時間で変わりませんので、サビアンシンボルの話をして良いと思います。

鋭い読みで参考になると思いましたので、メールから引用させていただきます。

役者らしいところを指摘するならば、 

・獅子座が強い 

・太陽・金星が合(サビアンシンボルは水瓶座6度「ミステリー劇の演技者」!出来すぎだろうと笑ってしまいました) 

・海王星が6ハウスにあるので芸術性の高い職業に向いている 

でしょうか。 

 次に、重要と思われるサビアンについてまとめていきます。 

木星:双子座28度「破産宣告された男」 

土星:獅子座29度「人魚」 

MC:水瓶座21度?「絶望し幻滅した女性」 

龍尾:牡羊座10度「古い象徴に対して新しい形を教える男」 

 以上の情報と、ネイタル太陽が経るトランジットを踏まえ、今後の運命を読むと、 「若いころは役者として活躍するが、木星の時期(50歳前後、N太陽がT冥王星と合)に 差し掛かり、大きな喪失の経験をする可能性がある。その後はありのままの姿で、メッセンジャー(龍尾、MC、土星サビアンの象意)として生きる」となると考えました。 

現在の彼は左翼の操り人形として生きているようですが、ゆくゆくはその神輿から下ろされ、 古い時代の過去の思想(共産主義)を体現した人物として語り継がれていく未来が見える気がします。いささか、強引な見方に過ぎていますでしょうか。 

いずれにしても、彼が仮面を剝がされ、本性を暴かれるのは時間の問題だなと思います。

>太陽・金星が合(サビアンシンボルは水瓶座6度「ミステリー劇の演技者」!出来すぎだろうと笑ってしまいました) 


全く同感、出来すぎという感じです。

生まれる日を計算するタイムマスターは何もかもお見通しということです。


N太陽上をT冥王星が通過する際、化けの皮が剥がれるのか、または命の危機がありそうな気がします。例の共同体はメッセンジャーとしての役割を彼に負わせるため、生贄として捧げる可能性もあります。

恐ろしい想像ですが、彼のバックグラウンドである集団はこれまでありとあらゆる残虐な蛮行をしてきた者たちです。自分たちの望む物語のために生贄を捧げることなど日常茶飯事で行っていますから、あり得ないことではないでしょう。


あるいは、土星「人魚」としての余生を送るか。…これは無意識下にあったものを現実化する役割ですが、そのためには今まで居た世界と決別する必要があります。

つまり自分を縛り続けた共同体と決別して新しい世界へ踏み込めるか。これが彼の生き残りを懸けた挑戦となるはず。

たとえば血族の力が及ばない国へ亡命して、このたび行われた「犯罪的茶番」の真実を全て暴露する、などという展開になればいいなと願っています。


彼の「人生が巻き起こす影響」であるDSCは不明ですが、仮に山羊座後半だとすれば、やはり19世紀に生まれた古めかしい全体主義思想(共産主義)の終焉を演じるとしか読めません。

ぜひお仲間たちに新風を引き込んで改心へ導いてほしいものです。


補足情報

ゼレンスキーはかの有名な無神論者で金融王の、ジョージ・ソロスと「いとこ」だという話が出回っています。なお、ソロスは界隈で「人類支配を目論むディープステートの筆頭」とされています。


まあ、確かに顔かたちは驚くほどそっくりですね。「いとこ」と言うよりは、おじいちゃんと孫。

https://ameblo.jp/harmony888love/entry-12736418639.htmlより引用

真相どうだか分かりませんが、同じユダヤ民族であるし血統が近くても不思議ではないと思います。


または、ソロスがユダヤ人のなかから自分と顔が似ているゼレンスキーを見い出し、自己投影して世界転覆させる物語の「役者」を担わせた…のかもしれません。


いずれにしても、ゼレンスキーが民族・血統でソロスに近いことは確か。思想もソロスと同じ無神論でありユダヤの「マルクス先輩」の意志を受け継ぐ革命主義者で、ロックフェラーの脚本を演じる俳優なのでしょう。

さすがに「陰謀論、デマデマ」というお題目では隠し立てできないほど、一本筋の通った話となってまいりました。


この話について基礎の解説を書いてみました:

【別館】DSとは何か? 世界支配を目論むビックブラザーの正体に迫ってみた


PR