日主【火】 礼徳

カラー:赤
方角:南
四獣:朱雀


火の気を持つ人の特徴

火気は「礼」の徳を持ちます。良識を知る能力者です。

対人関係では「親子」のように感情ベースで考えます。好き嫌いが激しく、気に食わない相手は露骨に反発したり批判したりします。代わりに気に入った相手には家族のように親密な態度を示します。

火気の人の特徴として、プライドの高さと有能さがあります。頭が切れ、競争心もあります。社会のルールにも精通しているので自然と出世するでしょう。根本的に良識があり欲得に走ることはないため、社会での評価も高くなります。
ただしこれは火気がバランス良く働いている場合です。
また、陰・陽でも性格は異なります。さらにこの下の陰陽タイプをお読みください。

※下の文の中で「~春を表します」等という表現がありますが、これはそのタイプのイメージを表したものであなたが実際に生まれた季節とは関係ありません

+ 陽タイプ

【丙】… へい・ひのえ 

日本語では、火の兄という意味で「ひのえ」と読みます。
火気のうち「陽」に分類される気です。

丙は春の終わり頃を表します。
“丙”の漢字は陽光のもと成長する草木を表しています。まさに今、栄えて伸びている状態ですから、大変な活動力があります。

性格は陽性で活発な人気者タイプ。
明るくてサバサバした気質が人を惹きつけるので、人の輪の中心にいることが多いでしょう。競争心は人一倍強くトップを目指します。ビックマウス的なところがありますが、実現する力は確かにあります。
少し調子に乗りやすいところは注意したほうが良いです。いい気になって他人の上に胡坐をかこうとすると批判を浴び、潰されます。
また短気なところも気を付けたほうが良いでしょう。癇癪を起こしそうになったら自制してください。
陽火は自分をコントロール出来るか否かが成功ポイントになります。

- 陰タイプ

【丁】… てい・ひのと

日本語では、火の弟と書いて「ひのと」と読みます。
火気のうち「陰」に分類される気です。

丁は初夏を表します。
“丁”の漢字は丁寧の寧。成長して少し落ち着いた草木のことですから、内面に情熱を持ちながらもよく自制がきいています。

性格は物静かな知性派タイプ。
クールな外見に似合わず熱いところがあります。ふだんは静かに本など読んでいるのですが、ひとたび情熱に火がつくと丙以上の執念で目的を達成しようとします。この豹変ぶりのため「二面性がある」と言われることがあります。
頭が切れ、優秀です。分析力と観察力もあります。この能力が悪い手段のために使われると、「目的のためなら手段を厭わず」となることもあります。
丁の方は情熱を暴走させないよう注意してください。目的のために周りが見えなくなってきたら要注意です。

他の気とのバランスが大切

この占いは『古代五行占術』です。
生まれた日の天干を魂と見て個人の性格を読みます。

ただし魂はあくまでも人生を創るベースとなる気質に過ぎませんので、ここに書かれていることが性格の全てではないことに注意してください。

正確に自分を知りたい場合は、生まれ持った全ての干支の五行バランスを見る必要があります。

詳しくは解説をお読みください。
⇒解説・『古代五行占術』トップ