2 陰陽思想とは

< 五行占術の解説を始めから読む

東洋占いの基礎、陰陽思想とは?

陰陽とは、この世の全てのものを「陰」と「陽」の二つに分けて考える古代中国の思想です。

たとえば「夏(陽)・冬(陰)」、「天・地」、「男・女」……等々などのように二分することが出来ます。

現代に生きる私たちは、「プラス+(正)」「マイナス-(負)」の字を充てるとこの陰陽思想を理解しやすいはずです。

この二極の考え方は、近代の学問から見ても正確でした。
たとえば素粒子も+-の電荷を帯び、遺伝子のDNAも二重螺旋を形成します。
宇宙からこの地球の大地の隅々に至るまで、物質や現象には全て二極のエネルギーの運動が関わっていると考えられます。

とは言え陰陽思想はこのような物理的発見とは無縁です。
陰陽思想は昔の人が、季節の移り変わりを眺めていて考え出したと伝えられています。

「夏が極まれば冬に転じる。陽が極まれば陰に転じるのだ。
全てのものは変化し、絶対ではない。陽は既に陰を含み、陰は陽を含んでいる」
このような考えを図に表したのが、太極図です。

白が陽、黒が陰。極まった陽はすでに陰を、極まった陰はすでに陽を内包しています。
 〔太極図〕画像素材


陰陽思想を書物にまとめたのは伝説の帝王とされていますが、もちろん誰が最初に考えたのかは分かっていません。
この物理学チックな陰陽思想は、もしかしたら高度な科学に精通した古代文明人たちの遺産、なのかもしれません(というのはあくまでも私の想像でファンタジーです)。

次のページへ >

ランキング

お読みいただきありがとうございます。当サイトを気に入っていただけたら→クリックお願い致します。

Translate

今週の人気記事

火のエレメントサインの特徴

水のエレメントサインの特徴

12星座の基本解釈【射手座】

12星座の基本解釈【魚座】

12星座の基本解釈【蟹座】